職人のつぶやき(仏具打物師編)

打物ってかいて、“うちもの”って呼びます。なんかボールを打つみたいですが、真鍮や銅の板を叩いて菊灯や、灯籠を作る職人を打物師といいますねん。1枚の板を曲げたり折ったりして、いろんな形にしていきます。鋳造は金属を高温で溶かしたものを、型に流し込んで、できまっしゃろ。そやさかいに重たい。三具足みたいにしっかり卓の上に置くものは安定感があって宜しいけど、灯籠みたいに長いこと本堂で上から吊り下げるものは軽いもののほうが、長持ちします。菊灯を例に上げてみましょか。一番下の部分は盆で、その上にかぼちゃを半分切ったような形のがのってまっしゃろ。これは菊いうて菊灯の土台で、安定するよう鋳物でできています。そして、竿(長い棒の部分)や上の花が咲いたような部分を朝顔いいますねんけど、これは真鍮の板を絞ったり曲げたりして、この形にしていきます。お皿の部分などは槌目(つちめ)いうて、金槌(かなづち)を叩いた模様をつけ、“手づくり”ちゅうのを見せるんですわ。そして、磨き屋さんに渡し、接合部分もきれいに磨いてもうて、ピカピカになってでき上がります。特に大谷派の輪灯の場合、あのきれいな曲線を出すのが難しい。あれは、部分によって太さがちがいますさかい、失敗したらつくり直すのが大変です。ところで、真鍮は銅と亜鉛の合金ですけど、京都は、その中でも、銅の割合が多いものを使います。だから、ほんの少しですが、赤っぽうみえますし、黒くなりにくいんですわ。一枚の板からいろんな形になる、いろんな悩みにお答えになる仏さんの智慧とまではいきませんが、先人の智恵には改めて驚かされますなあ。さっ、つぶやいてんとそろそろきばりまひょ。

 

仏具の話 大谷派前卓

 大谷派の前卓には大きく2種類のものがあります。阿弥陀堂型と御影堂型です。阿弥陀堂型は腰の彫刻が豪華な造りです。四季の草花の彫刻が配されています。それに比べると、御影堂型は簡素な造りで、菊水の彫刻です。しかしながら、法要時に前卓を移動するときなどは、軽くて移動しやすいです。本山の前卓は筆返しが甲板に直接付いていますが、一般的には筆返しナシのものと、筆返し付きのものと二枚用意するか、下須板に筆返しを取り付けて、取り外し式にするかです。これは、前回にも申したように、法要時に五具足にするためです。そして、三具足の場合、香炉は中心に、花瓶は向かって左側の上に、燭台(五具足の場合は花瓶)は向かって右側の、それぞれ束の上にくる様にします。これは、卓の構造上、甲板を支えているのが、この二つの束なので、この上に置くと、卓全体の安定感がよく、卓自体も長持ちします。あと、水引を前卓に巻く際に、水引の枠があれば、角の線がきっちりでて、きれいに巻けます。これは、白木でも構いませんので、ご自分で作ることも、可能です。大谷派の卓はどちらも金箔押された豪華な卓といえるでしょう。