Q 水の子とは何ですか?

ナスやキュウリ、カボチャなどを賽の目に切り水鉢や蓮の葉や里芋の葉の上に供えたものを水の子と呼びます。地域によってはこれに洗米を加えます。この水の子はアライアゲ、アラゲ、ミズムケなどと呼ぶ地域もあります。水に浸すのは「ご先祖様ののどが渇かないように」と考える地域もあるようです。
水の子の「水]は浄化する力があります。亡くなられた方に供える水のことは「水向け]と言われるように、様々な精霊を浄化し供養する役割が「水の子」にはあります。