皆さまは「お盆」というと何をはじめに連想されますか?大型連休でにぎわう人々、帰省ラッシュ、盆踊りの風景、また京都では大文字の送り火がお盆のしめくくりとして風物詩になっています。

皆さんにもそれぞれの地域で自分だけのお盆を毎年お過ごしのことと思います。なかには心を込めてナスとキュウリのお供えものを作り、お仏壇の前でくるくると盆提灯の回転灯がまわり、親戚一同にぎやかに集まる、という方もいらっしゃることでしょう。

ただしご家族を亡くされ、今年が初めて迎えるお盆、つまり「初盆(新盆)」の方にとっては以前のただ楽しかったお盆とはちがい、特別な気持ちでの「お盆」をお迎えになられることでしょう。核家族化や宗教的行事に対する経験不足により、「お盆行事」というものに対し「一体どのようにお迎えしたらいいのか分からない。誰にきいていいのかも分からない。」と戸惑われる方も多いと聞きます。

当サイトはそんな方々のために作られた盆提灯の総合サイトです。少しでもお役に立てれば幸いです。最後に、毎年のように大きな災害が起こっています。こういう時代であるからこそ、先祖代々受け継がれてきた伝統行事の「お盆」が、残されたご家族にとって「心安らぐひと時」となりますよう、心よりお祈り申し上げます。